スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は何の日?

みなさま。


こんにちわ


事務のユウでございます。


今日は、土曜日ではないですが、ブログ書きますヽ(^。^)ノ


現在LIFA本巣のメンバーはポスティングなう。なので…


私一人でお留守番中です(゜-゜)


そんな事はさておいて。


今日は何の日かご存知ですか


あの人とあの人が一年に一度会える日。


七夕です


今日は、曇ってるから会えるか微妙ですね…。


会えるといいですね。


ところでみなさま


七夕の伝説…ご存知ですか



むかしむかし、

天帝という神様が星空を支配していたころ、天の川の西の岸に、織女(しゅくじょ)という天帝の娘が住んでおりました。


織女は機織り(はたおり)がたいへん上手で、彼女の織った布は雲錦と呼ばれ、色も柄も美しく、


丈夫で着心地も軽い、素晴らしいものでした。


一方、天の川の東の岸には、牛飼いの青年、牽牛(けんぎゅう)が住んでおりました。


牽牛は、毎日、天の川で牛を洗い、おいしい草を食べさせたりと、よく牛のめんどうをみる、働き者でした。


天帝は、くる日もくる日も、働いてばかりいる娘を心配して、娘の結婚相手をさがすことにしました。


そして、天の川の向こう岸に住む牽牛をみつけると、2人を引き合わせ…


「おまえたち2人は、まじめによく働く。牽牛よ、わしの娘、織女と夫婦(めおと)にならぬか?」と言いました。


牽牛は恐縮した様子で


「天帝様、私のような者には、夢のようなお話しでございます。ありがたくお受けさせていただきます」


織女も、働き者の牽牛をたいへん気に入り、2人はめでたく夫婦となりました。


ところが、一緒に暮らすようになると、2人は朝から晩まで天の川のほとりでおしゃべりばかりをしています。


これを見た天帝は


「おまえたち、そろそろ仕事をはじめたらどうだ?」


といましめますが、牽牛と織姫は


「はい、明日からやります」


と答えるばかりで、いつになっても仕事をはじめる様子がありません。


織女が布を織らなくなってしまったため、機織り機にはホコリがつもり、天界にはいつになっても新しい布が届きません。

また、牽牛が世話をしていた牛たちも、やせ細って、次々に倒れてしまいました。

業を煮やした天帝はとうとう、2人を引き離し、1年に1度、7月7日の夜だけ、天の川を渡って、会うことを許しました。

今でも2人は、7月7日に会えるのを楽しみにして、天の川の両岸でまたたいているとのことです。

ところが、一緒に暮らすようになると、2人は朝から晩まで天の川のほとりでおしゃべりばかりをしています。






自業自得ですが、何だかせつない物語なのです…。

original.jpg


もし、愛する人と一年に一度しか会えなかったら…あなたならどうしますか?


comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ライファ本巣

Author:ライファ本巣
岐阜県本巣市のリフォーム専門店 『ライファ本巣』

おうちのことなら『ライファ本巣』にお任せください。
どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。


住所:〒501-0471
岐阜県本巣市政田柳原2088
TEL:0120-932-690

本巣市、大垣市、瑞穂市、大野町、神戸町、池田町、揖斐川町、岐阜市でリフォームをお考えのみなさま。
お気軽にご来店、お問い合わせください。

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アルパカ時計
http://www.pecope.com
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。